• トップ /
  • 新入社員が学べるビジネスマナー

入社時に教わるビジネスマナー

新入社員が学べるビジネスマナー

ビジネスの基礎を身につける

ビジネスマナーは会社員に必要なものであり、新入社員が入社した時に研修でしっかり指導している企業がほとんどです。まず、新入社員が学ぶのが基礎講座であり、社会人としての心構えや挨拶、電話対応などを学んでいきます。一見するとビジネスマナーは難しいイメージもありますが、基礎なら学生でも理解できる内容です。例えば、時間を守る、上司や先輩社員の接し方などは学生時代に経験した方も多いはずです。他にも会釈や敬礼、最敬礼など、研修で教育している企業がほとんどです。ビジネスマナーの基本は挨拶からと言われているので、上司や先輩、お客様に対しての挨拶の違いもしっかり学ぶべきです。もちろん、会話の基本や電話応対などもビジネスマナーの基礎でしっかり学べます。中には話すスピードや相槌など、相手にいい印象を与えられる会話を指導している企業もあるのでコミュニケーション能力を高めるいい機会でもあります。また、最近はメールでやり取りをする企業が多くなりました。メールマナーも基礎で学べますし、宛名の設定や添付ファイルなどを一緒に送る時のコツなどを学ぶ事が出来ます。このような内容は一度、学ぶと長い期間使えるのでしっかり身につけておくべきです。

↑PAGE TOP