• トップ
バックナンバー

一般常識のビジネスマナー

ビジネスマナーにおける常識

ビジネスマナー基本は挨拶と笑顔

ビジネスマナーにおいて最も基本かつ重要な常識は挨拶と笑顔です。これがないとビジネスに限らず、人間関係がうまく成り立ちません。まず人に出会ったら、体を人がいる方に向けてから、笑顔であいさつしましょう。この時、顔がぎこちなくなるのは顔の表情筋が固くなっているからです。表情が硬いと緊張が相手に伝わり、良い印象を与えません。リラックスして、落ち着いた表情で相手に笑顔の好印象を与えるのが、大人のマナーです。また、常に相手の気持ちを先に読む練習を積み重ねておきましょう。これがないのとあるのでは後の印象が大きく違います。ビジネスにおいて、人の気持ちを先に汲み取るということは、結果、お客様の満足を得ることにもつながります。まずは職場の皆さんがどう動いているのかを確認してから、ある程度行動が読めるようになったら自分から先へ先へ動くように心がけましょう。行動は早いほど、責任感がある人だと思われます。見落としがちなマナーですが、人の話を良く聞くというのも立派な勉強です。人の話を聞かずにただ相槌を打つだけでしたら、常識がないと思われても仕方がありません。常識ある人と思われるためにも、人の話は良く聞きましょう。

↑PAGE TOP